株式会社 ケーヤード

Field Site 花咲港工場(支店)


2011年6月に気仙沼から本社機能を根室市移し、支店登記し
現在第一拠店とし稼動中。 ここの年平均気温は標高2000m級。


/ ホーム /


花咲港工場 航空写真 (2016/11/25 )



事務所から花咲港の海まで170mもある。 NO1レールには冬上架
の。定置船2隻(19t)、 NO2レールにはシーズン後に19tサンマ船
3隻が上架する。K-Yardになって本工場の海側に南工場
(32m x 15m ・天井クレーン無し) が2014年に建てて効率化
を図る。 2工場合せて全長62m、 "みらい造船 南工場"より長い。 

NO1レール陸の食堂・倉庫を撤去すれば、 NO1レールと中央
のNO2レールだけで全長25m級で7-8隻滞船可能。
NO3レールは新造船下架軌道ですが4隻。 神に与えられた
地ですから、 ここでも大事にありがたく、 やりぬく。


花咲港工場 本工場



花咲港魚市場から海岸道路を南西方向、 落石方面に1分。
柿色ジブクレーンが見える造船所です。サンマ時期は大型車
の交通量多いので 気をつけておこし下さい。



花咲港工場 本工場 建屋内。



段々とK-Yard 的な工場になりつつ。次は壁・屋根の透明化。
アルミ船で全長38m-119G/Tまでの漁船−150G/Tクラスの
高速艇の建造能力がある。 気仙沼時代との違いは建屋の中
での建造である。 屋外では仕事になりません。 北海道では。



花咲港工場 南工場



本工場から新造船を出したら、 この建屋で残艤装完了後、
通過し進水されます。主にマーキング・艤装製作・上部構造
組立・3トン未満船の建造。 昼間は照明いらず夏も暑くない。

この巨大D型簡易ハウスは北海道特産。農家で数が出るらし
く素晴しいコスパ。 35mの風でも耐えた、 いい買い物だった。

この中についに シンテック-SKT ケガキプロッター 導入し
稼働しています。 シンテックのWeb にも紹介されています。

高脚ジブクレーン



10トンの走行ジブクレーンがある。 外で鋼船も出来る施設。
私の頭の中でデジャヴな感覚がある。 ここがそうだったか。




海までが遠い小型造船所なんて、 さすが北海道です。 せこせこして
いないのだ、 敷地面積は十分過ぎ。 19トン漁船5隻の半年長期上架船
がある。 そして冬季の上下架もない。 これも内地ではありえないこと。

┃ホーム┃